カテゴリー
セニング探究部 未分類

セニング「抜け」の からくり

こんばんは

いつもはさみを愛用していただきまして
誠にありがとうございます。

今回はセニングの
ちょっとした疑問を

今まで
「セニングは他で研いだほうが、
ぬけがよくなる」
という意見を何度かお聞きした
ことがございました。

見事なトギをされている
研ぎ師さんももちろん
おられましたが、なかには

棒刃を必要以上に削って、
細くしている。

というのも多く見かけました。

 理論はこうです

棒刃を削って細くすることによって、
刃を閉じた時のクシと棒の隙間(空間)が
sketch-1439990821660

※マジックで印部分

広く大きくなり、
ぬけが良くなるというカラクリです。
ただしこの治癒方法だと、
極端にハサミの寿命が縮まります。

そして、そのトギを重ねていくうちに

棒刃の厚み(耐久性・力強さ)<ぬけのよさ

の関係が崩れて逆転して‥

rps20150819_221239_386
ここまでなりますと
空間・隙間が広い以前に、
刃の先端の力が、砥いでも
毛に力負けして切れません。

昨今、「ぬけ」「かるさ」「やわらかさ」
を追求し、クシ刃の形状に
目が行きがちですが、

セニングにとって棒刃は心臓部分です。

私たちメーカーは最小限のダメージで
その人に合った最良の方法で、
研摩させていただいてます。

人間に例えると、
「切除しなくていい所まで、
たくさん摘出して余命を縮める」
といった治療と同じようなかんじで、
おすすめできません。

ただ、人の命とは違う
新しいのをまた買えばすむ

という考えの方もお有りだと
思いますので、何とも言えませんが、

「ぬけを良くしたいんです。
ただ、棒刃は細くしないでください。」

というのが
「通」の方のオーダーの仕方かも
しれません。

ありがとうございました。
またハサミの世界でお逢いしましょう。